■ 新保 泰治

映画からインスピレーションを受けたドローイングをオリジナルTシャツにプリント。
キッズサイズ、おとなサイズを展開。

高円寺の古着屋 『黒BENZ』『ガイジン』のオーナー店頭では、ヴィンテージ古着の他に、自身のイラストを古着などにプリントしてGH◯STというブランド名で販売している。
他にもキッズアパレルブランド Geewhizに毎シーズン描き下ろしのイラストを提供。
ヴィンテージショップやレコード店の手描き看板制作なども手がけている。



■ HAMADARAKA 有園絵瑠 / 有園絵夢

映画からインスピレーションを受けたドローイングを製作。
劇中でヒカリが着用していたものと同じモデルのヴィンテージウエアにプリント
 
絵描き。夢、温度、湿度、記憶に残った図像、言葉の響き、ノイズなど、身の回りに存在する 存在をとらえ、「あり得ない生き物や時間が混合する事によって生み出される楽園」「この世とユートピアの間に存在する世界」をテーマに、様々なツールを使い表現する。

国内での個展・グループ展、海外でのグループ展、滞在制作、( NY、オランダ、台北、 フランス、ドイツ、メキシコ、ベルギー、ブラジル/ブラジリア国立美術館等)に参加。
Heta Uma(Musée international des arts modestes :Sète FRANCE) 、Mangaro ( friche de belle de mai :Marseille FRANCE) 、ASIE RIDERZ(Le Voyage de Nantes:Nantes FRANCE)、 CRUZAMENTOS NO DF(National museum of brasilia BRAZIL)。
LIMI feu とのコラボや、水原希子フォトブック、Charaのライブグッズデザイン、 CDジャケットや、アーティストフォトのアートワーク、Magazine、ファッション、 映像へのアートワーク、壁画等を手掛ける。
作品集『YAUYAUPARAISO』(ERECT lab.)を出版。 
http://hamadaraka.tumblr.com/



■ すぎやま たくや

映画からインスピレーションを受けたドローイングを製作

画家・俳優
1987年9月22日生/29歳
神奈川県出身
特技:絵画、アクション、サーフィン、ギター
2011年、多摩美術大学 環境デザイン学科卒業。
同年よりニューヨーク AGORA GALLERYにて作家活動を開始。世の中のものすべてをエネルギーとして捕らえ、相互に干渉しあい、共鳴しあって質を高めている"現実"の様を、線の連鎖で描き出すことをテーマとして、ダイナミックでグラフィカルな抽象画や、温かみのある動物モチーフ画、幻想的なイメージ画など、自由多彩な作風を持つ。
近年では「TAAKK」、「Mother’s Industry」、ジュエリーブランド「Angieperl」といったファッションブランドとのコラボレーションや、アーティスト「Tyme.」や「Lucky strike」のアルバムジャケットデザイン、東急プラザ銀座のセレクトショップ「MARcourt DESIGN EYE」の店舗ディスプレイなど、幅広く活動。
俳優としては、舞台の脚本・演出を手掛けて自身も出演するなど、意欲的に表現を発信。
近年では、行定勲監督映画「ピンクとグレー」や、第28回東京国際映画祭スプラッシュ部門作品賞受賞作の小路紘史監督映画「ケンとカズ」といった話題作に立て続けに出演。その不思議な存在感でスクリーンに鮮烈な印象を残している。



番外編
サノバノイズ ラグランTee 7分袖 by no control skates